無痛内視鏡検査

内視鏡診断をハイビジョンで見ることができます

拡大内視鏡で高性能で正確に行うことができます

無痛な検査を安心に行うことができます

大腸の内視鏡の検査のイメージは、痛いのではと思ったり苦しいのかなと思うと苦痛に感じますがこちらの病院では、経験豊富な技術と軽い沈痛剤で無痛内視鏡で行うことができます。その人によってその方に合った量の軽い鎮静剤を調合して検査前に注射をします。軽い鎮静剤の量なのでなんとなくウトウトするかほんの少し記憶があるか程度の感覚なので、麻酔とも違う感覚で痛みや苦痛を感じることなく検査を受けることができます。経験豊富な内視鏡術と丁寧な内視鏡操作で、行われるので気づいたらあっという間に終わっているという方がほとんどなので苦痛なく検査を受けることができます。検査前は、1人1人カーテンで仕切られている個室タイプになっているので周囲に気を使うことなくリラックスして待つことができます。

最先端の診断機器を使っているので、特殊染料や特殊光を使っているので小さな病変などを見逃すことなく見つけることができます。病変を 100倍に拡大することができる拡大内視鏡を使用していてるので、大腸内の粘膜の微小な血管や腫瘍の模様を強調してより見ることができて詳しく観察することができます。早期がんの診断や病変の悪性度の診断を正確に行うことができます。見つけにくい大腸がんなどを早めに見つけることができます。また、空気を入れて大腸を膨らませていますがクリニックでは、がんセンターでも導入している、空気よりも約200倍吸収の早い炭酸ガスを使用した”炭酸ガス送気システム”を取り入れることによって空気によるお腹のハリを少なくなるように工夫しています

日帰りでのポリープ切除の治療も可能です

大腸の検査の時に、内視鏡検査の時は、検査だけを行う施設があります。検査だけを行いこちらではその場で大腸ポリープ切除を行うことができるので別な日に改めてもう1度、下剤を飲んで検査をする必要がありません。また、この下剤を飲むのが苦痛という方も多いと思いますが大部分の医療機関では大腸検査前に飲む洗腸剤の量は2㍑から3㍑飲んで大腸の洗浄を行うことが多いですが、当クリニックでは、それぞれの体の特性に合わせて極力少ない洗腸剤内服量で済むように工夫しています。洗浄剤の味や量なども負担が少なくなっています。何度も検査をすることを少なくしているために肉体的・金銭的・時間的負担が少なくて、検査と同日の日帰り内視鏡ポリープ切除を行うことができます。拡大内視鏡で切除すべきと判断した場合ポリープを電気メスで内視鏡的に切除することができます

人気記事ランキング