大腸内視鏡検査の強みと弱み

大腸内視鏡検査の利点と欠点を詳しく説明します

大腸内視鏡検査の優れた点と弱点

検査を行うことで得られるメリット

大腸癌は40代からだんだんと罹患者の数が増えてきて、60代にもっとも多いがんになります。 大腸内視鏡検査に関しては、腸内の腫瘤、あるいは潰瘍をリアルタイムの状態で、目で視認してチェックできる唯一のメソッドにして、際立って有用な検査です。肛門より内視鏡を取り込み、腸の最深部の盲腸から直腸に達するまでを精密にリサーチしていくことができます。途中で、腫瘤といった病変が見つかり、悪性が疑問視されれば、一瞬にして組織を採取することもあり得ます。それに加えて、一般的に考えて5mmをオーバーする腺腫と診断されたらすぐに切除術を行うケースもあります。 要するに、検査と並行して治療を実施することが可能です。これに関してはその他の検査にはないアドバンテージといえます。がんをチェックする検査には、そのほか注腸造影検査並びにCTがありますが、それらとは違い、検査に伴っての被曝がないというアドバンテージも挙げることができます。

検査を実行する際のデメリットとは

大腸内視鏡検査のデメリットとして、慣れない手技によって生じる痛みや違和感といった、フィジカル的な負担をあげることができます。近年では、内視鏡の細径化が進んで、挿入時の負荷は緩和されつつありますが、肛門から内視鏡を入れる状況で、痛み、あるいは違和感が出てくるケースがあります。さらに、内視鏡が大腸内を変動する際に、粘膜もしくは腸壁がある程度圧迫されるというリスクが生じます。CTの様に、横になっているだけといった検査と照らし合わせると、この部分はウィークポイントといえるかもしれないが、近年は挿入テクニックと鎮静薬の進化により、挿入による苦痛はエキスパートと言われるお医者さんにかかればほとんど解決されつつありまして、CTと同じく横になっているだけで検査も手術も完結してしまうことが多くなっています。 大腸内視鏡においては、努力してもチェックすることのできないスポットが生じることがあります。これに関しては内壁で見られるヒダ状の構造物が要因となって、ヒダの影になっているポイントは映像上死角となることから、病変を取り逃す可能性も有り得ます。その一方、CTについては広い範囲に亘る角度から大腸を描画することができるため、死角は少なくなるが、病変があった場合、ポリープなのかの判別が困難です。

総合的に判断して検査を有効活用することが重要です

どういった検査に関しても一長一短があります。 大腸内視鏡検査は、診療における非常に大きなメリットと慣れない医者にかかると苦痛が避けられないというウィークポイントが存在しています。こうした特色を加味したうえで、現実問題としてプロフェショナルな医者の判断を仰ぎつつも、検査を選考、あるいは組み合わせて受けることがお薦めできます。

人気記事ランキング