新たなビジネスの可能性も生まれる

地域の魅力を取り入れたノベルティ

普段道を歩いていても、無料で配布しているポケットティッシュやボールペンなど、たくさんのノベルティを目にすることができます。また、会社では、取引先からノベルティをもらったり、自社のオリジナル性を取り入れたノベルティを制作したりすることもたくさんあります。ノベルティを制作する場合大切なことは、あらかじめ配布先を想定し、限られた予算の中で、単価と品質を振り分けることです。
もし、何千個という数が必要なものであれば、日常的にありふれた単価の安いもので制作すればいいでしょう。しかし、お得意先や海外からのお客様、取引先の代表などにお渡しするノベルティであれば、数量よりも、品質の高いものが必要になります。そこで人気なのが、地域の魅力を取り入れたノベルティです。例えば、広島県はしゃもじや熊野筆などの工芸品が有名なので、ノベルティとして名入れすれば、他県や海外の人にも大変喜ばれます。
話のネタになる上、地域について紹介できるきっかけを作ることができます。もちろんその地域で有名なメーカーとコラボレーションしてノベルティを制作すれば、より質の高いノベルティを実現できるだけでなく、新たなビジネスにもつながる可能性があります。ありふれたノベルティではなく、オリジナリティを持たせることで、ノベルティの意味がさらに深まります。

販促用のノベルティで最適なものとは

販促用のノベルティを考えなければいけない場合、どんなものが最適なのかを知っておくと失敗が少ないでしょう。販促用のノベルティで一番大切なことは、お店や会社や製品の販促につなげると言うことです。そのため宣伝を意識した品で選ぶことが大切です。直接的に販促を意識するのであれば、名入れできる品で選ぶのが良いでしょう。販促用のノベルティを扱う会社には、ボールペンやうちわやエコバッグなど、名入れできる品が幅広く揃っています。
名入れと同時に、製品や会社やお店などと直接関係がある品をノベルティとして選べば、それも販促に繋がりやすいでしょう。例えばビールメーカーが、ビールサーバーやビールグラスを販促用のノベルティに使うようなケースです。
一方、販促用のノベルティは渡す人が喜んでくれることも意識して選ぶことが大切です。もらって嬉しくないものがノベルティだったら、イメージダウンになりかねません。そのためあまりにも貧弱なものや、質が悪いもの、貰っても使い辛いものは販促用のノベルティとして避けたい品です。ノベルティの品選びで迷った場合は、誰でも使いやすいもの、幾つあっても困らないものなどをポイントにして選んでおけば失敗が少ないでしょう。洗剤やラップなどの消耗品は失敗が少ないノベルティで、名入れや名入れラベルを付けることで宣伝に繋げられます。

Copyright(C)2017 販促につながるノベルティの選び方を紹介 All Rights Reserved.