客層や年齢層を分析してノベルティを配布

ノベルティ制作はインターネットでできる

ノベルティは、販促のために販売店などのお店がお客さんに無料で配るもののことです。ノベルティの種類はたくさんあり、各お店によってオリジナルのノベルティを配っています。ノベルティはほとんどのものがお客さんが喜ぶものを考えて制作していますので、エコバックやポーチなど普段使いやすいものが選ばれています。ノベルティで喜ばれるものの代表は、エコバックやポーチの他にもあり、タンブラーやスマホに付けるイヤホンジャックなどがあります。
身に付けやすいものも喜ばれる傾向にあるので、ノベルティの制作を考えているのなら、ノベルティの定番のものにするといいでしょう。ノベルティ制作はインターネットでできます。インターネットサイトで注文すると、気に入るノベルティが作れることでしょう。完全オリジナルのノベルティを制作するので、商品の企画から制作サイトと一緒に行わなければなりません。
ある程度の設計図とデザイン図を考えていないといけませんので、簡単なことではありません。注文に沿って作ってくれますので、デザイン案と設計図が決まったらサンプル品のチェックとなります。サンプル品が良ければ、そのまま量産していくかたちとなり、配る日が近づいてくることでしょう。予算や費用も相談できますので、ノベルティ制作を考えている方はインターネットサイトを見てみるといいでしょう。

書店業界におけるノベルティ制作の実際

雑誌には昔から付録がついている商品が存在しますが、さらなる販促のため、出版社は独自のノベルティを製作し、書店やコンビニエンスストアなどの小売店に納品する事があります。その販売戦略で最も多く用いられているのがエリアごとのマーケティングです。例えば書籍や雑誌の生産部数以下のノベルティしか用意できずに限定配布となってしまう場合、最も効果的に売り上げを向上させられる小売店を決めなくてはなりません。
書店やコンビニエンスストアが存在するエリアでは客層が分かれている傾向があります。出版社の営業部と販売部、そして編集部はその客層と購入傾向を小売店の協力を得ながら分析し、どの書店にノベルティを配布するのかを決めていきます。
特定の客層が厚いエリアにある小売店で増売を狙いたい商品を販売する場合、出版社は事前に該当小売店と交渉して販促用ノベルティ配布の許可を取ります。小売店と出版社の協力体制が整った後、その小売店では発売日に商品を購入した読者に対してノベルティを配布します。
これは実店舗の売り上げが日々減少している昨今の書店業界事情の改善を図る為の手段であり、また売り逃がしを極力減らしたいという双方の思惑が一致して実現している施策です。最近ではファッション雑誌の付録のみならず、こうしたノベルティが売り上げ向上に一役買っているのです。

Copyright(C)2017 販促につながるノベルティの選び方を紹介 All Rights Reserved.